グローバル人材になる

グローバル人材になって活躍

同僚が英語を使っていた

現代はグローバル時代で、日本のビジネスマンが海外で仕事をしたり、外国人が会社の同僚であったりもします。例えば、その同僚がアメリカ人で、ビジネスの現場で外国に国際電話をして、悠長に英語を話しているのを耳にすると、英語が話せることが羨ましくなるものです。話しているのがアメリカ人ではなく、日本人の上司や部下だったりすれば、余計に羨ましくなるでしょう。語学力は、仕事において大切なもので、日本語でも敬語や謙譲語の使い方がわからないこともあるくらいで、まして仕事で外国語を使用するなら、なおさら勉強して習得する努力が必要です。

同僚を大切にするべき

ビジネスでは同僚は貴重な存在です。同期という事で、ついライバルとして見てしまうかもしれませんが、言い換えると立場が同じという事になります。立場が同じなら、悩みも似てきます。そういう悩みは、上司や部下にはわからないものです。そういう時に相談すれば、的確なアドバイスをもらえるかもしれません。ただビジネスである以上、仲良しこよしでは生き残れません。かと言って、ライバルと決めつけ敵視するのも良くありません。そこで同僚との関係は、付かず離れずが有効です。この程よい距離感が両者を刺激し、より高みへいけるきっかけになります。

↑PAGE TOP